人材活用(ALI)

アクセシビリティリーダー インターンシップ(ALI)

アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)では,アクセシビリティリーダー資格学生を対象としてたインターンシップ(ALI)を実施しています。
ALIでは,アクセシビリティリーダー(AL)として学んだ知見を現場で活かしていくことができます。
AL資格取得までに修得した知見を活かして,受け入れ先となる教育機関や企業や自治体等で実践的な業務を行い,
ALとして教育機関や地域へ貢献するとともに,社会で活躍していくための実践力を身につけます。
富士通インターンシップの様子

富士通インターンシップの様子

ALIでは,大きく分けて3つのインターンシップ:「企業インターンシップ」「学内インターンシップ」「地域インターンシップ」を実施しています。

◆企業インターンシップ

ALに対する理解のある企業で、ALの資質を生かした職場研修を行います。

ALP 実施・受け入れ先 参加学生 レポート
第5期ALP(H22年度) 富士通株式会社 広島大学1名,関西学院大学1名 ALI・report (富士通:H23)
第5期ALP(H22年度) 日本マイクロソフト株式会社 関西学院大学1名
第6期ALP(H23年度) 日本マイクロソフト株式会社 広島大学1名
第7期ALP(H24年度) 富士通株式会社 広島大学2名 ALI・report (富士通:H24)

◆学内インターンシップ

アクセシビリティセンターのインターンとして雇用され、学内アクセシビリティの推進、修学支援業務や修学環境改善業務を行います

◆地域インターンシップ

地域児童・中高生の学習支援活動等を地域の行政・教育機関と協力して行います