人材育成(ALP)

アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)

アクセシビリティリーダー育成協議会では、アクセシビリティを推進する人材の育成を目指して、
アクセシビリティリーダー育成プログラム(ALP)を実施しています。

第8期東京会場

ALPの概要

アクセシビリティリーダー育成プログラムは,「教育課程」「資格認定」「インターンシップ」「キャンプ」で構成される,総合的な人材育成・活用プログラムです。

アクセシビリティ教育課程では,アクセシビリティに関連する「基礎概念」「多様性理解」「情報・環境・制度」について体系的に学び,意識・知識・経験に立脚した,アクセシビリティ・コーディネートの技術・方法論を習得していきます。資格取得後はさらなる実践の場として,大学内や地域,企業でのインターンシップと,大学を超えてアクセシビリティリーダーが共に学ぶアクセシビリティリーダーキャンプが用意されています。

アクセシビリティ教育課程

  • 「教育課程」は,高等教育機関が開発し提供する質の高い教育プログラムです。
  • AL育成協議会に参画する会員団体は,会員団体に所属する学生・教職員・社員を対象として「アクセシビリティ教育課程」を実施することができます。

AL資格認定

協議会では、認定試験合格者に対して、大学等の推薦を経て、「1級アクセシビリティリーダー」資格、「2級アクセシビリティリーダー」資格の認定を行っています。

ALインターンシップ(ALI)

アクセシビリティリーダー資格取得者(学生)を対象として、協議会会員が実施する人材育成・活用プログラムです。

ALキャンプ(ALC)

全国の1級アクセシビリティリーダー資格取得者(学生)を対象として、協議会が開催する「社会の最新のニーズ・取組を学び人に優しい未来を考える」課題解決型学外研修です。